VF-1S バトロイド・バルキリー (海洋堂 1/72)

VF-1S Valkyrie (on Battroid Mode) (Kaiyodo 1/72)

海洋堂が90年に発売していたソフビ・キットです。こんなのも買ってたんですねぇ@^_^@ 当時は、まさかハセガワからバトロイドが出るなんて想像できなかったもんねぇ。

ロボットとしてのメカ表現には独自の解釈が見られる一方、戦闘機としての構造をかなり大胆に無視してくれている、仲々見上げた志のキットです。コクピット・カバーのドクロ・レリーフや足の裏の表現は、のちのハセガワ・バトロイドに影響を与えたものと思われます。

ソフビの作り方なんて全然わからないので、ナイフでトリミングして瞬間で組み立てて色を塗った、だけ。パーティングラインも気泡もそのままです(威張るな)。あと、キットの説明書をよく見ると、どうも左下腕の取付を90度間違えちゃってるみたい。



ファイターの構造を無視した腰付きとうなじが素敵です

キットに入っている脇腹のカバーはオミットしました。

機首(腰)には黒ストライプとサイドナンバーがモールドされていますが、ナンバーがなぜか011。S型なら001しかありえないと思いますが、面倒なのでそのまま塗りました。まあ、殆ど目立ちません。

脚とガンポッドの"U.N.SPACY"はハセガワのファイターやバトロイドから余剰のデカールを転用。ガンポッドはファイターでの搭載形態が正なので(←言い切る)、ガウォーク/バトロイド時は天地逆になります。


(2015/06/07)
戻る模型のぺーじへギャラリーの目次へおなみどらっがーへ次へ

メールはこちらまで|Mail to here